2018年7月25日水曜日

豊橋市 ビル塗替え 続編

こんばんは株式会社SOMAです。
現在豊橋市で塗装工事中のビルですが、
天候にも恵まれて工程も終盤に差し掛かっています。
各所同時に塗装を進めていますが、
本日は建物の西面
地面から5.4メーターほど既設の外壁が未塗装状態でした。

立地の関係で、以前はギリギリまで隣地の建物があった為です。
そこで、既設の外壁の模様に合わせて未塗装部分も模様をつけます。
施工前の写真です。くっきりと色も模様も違います
このまま塗っても綺麗にはなりますが、
綺麗にくっきりと違いが出てしまいます。

近くで見ると、この様な感じです。
この外壁に下塗りをした後に
吹付タイルを施工します。
ここで重要なのが、既設の吹付タイルの模様に限りなく合わせる必要があります。
粒の大きさや、寄りを合わせながら吹付ていきます。

次に、カットローラーという道具で
吹付タイルが半乾きの状態で粒を抑えます。
ヘッドカットという工程です。

これで既設の模様と同化です。
この模様が完全に乾燥して上塗りをかけていきます。

ペンキ屋さん用語で玉吹きヘッドカットとも呼ばれる作業で、
この作業は建築塗装の国家試験の実技テストの一つでもあります。

手塗りも吹付も、住宅からビルまでもオールマイティーなペンキ屋さん
塗装の専門家 株式会社SOMAです。





2018年7月16日月曜日

豊橋市 ビルの塗替え

こんにちは 塗装の専門家株式会社SOMAです。

ここ東海地方も梅雨が明けて一気に夏です。
猛暑が続いておりますが、暑さに負けずに塗装日和を有効活用しています。

さて豊橋のビル塗替え現場の進捗状況ですが


北面、階段室の塗装もほぼ終わりまして仕上げのアクセント色の塗装です。
西面も9割仕上がりまして
本日から東面の下塗り開始です。

少数精鋭の職人さんたちがテキパキと作業をこなしています。
一定のペースで
一定の塗布量で
一定の範囲を均一に塗装していきます。

明日から東面の中塗りスタートです。
熱中症対策もしっかりと、明日もご安全に。





2018年7月2日月曜日

本日着工のビル





本日はいつもお世話になっている会社様からの案件で
1年以上前から打ち合わせを重ねていた大規模物件のスタートです。

豊橋の街中にあるビルです。

弊社の担当させていただきます工事内容は、
防水、シ-リング、外壁の補修と塗装です。

近隣には銀行さん、マンション、店舗や住宅が多く、交通量も多いので
安全管理や飛散防止対策を完璧にこれからの作業を進めたいと思います。

随時、進捗状況をお伝えしていきます。

では、またこの現場で
塗装の専門家株式会社SOMAでした。