2018年6月29日金曜日

梅雨

こんばんは 株式会社SOMAです。
前回のブログの〆に次の現場で会いましょう と、言いつつ
次の次のくらいになってしまいました。


さて、今回の現場は湖西市にある住宅の塗替えです。
タイトル通り東海地方も梅雨入で、雨が多い日々が続いておりますが
雨でも作業のできる内部の塗装です。

内容は、既設のプラスターボードとフロ-リングの塗替え。



既設のプラスターボードの目地をVカットし、つなぎ目にファイバーテープ(寒冷紗)
を貼り、パテをつけていきます。
内装の壁に壁紙を貼る場合でもこの様な工程になります。
が、
壁紙の場合、パテの形成が少々粗くても
紙の厚み、柄などで隠れてしまいがちです。

塗装の場合はそうはいきません
1ミリにも満たない塗膜なので、ちょっとした凹凸や段差、ホコリなどが
仕上がりに影響してしまいます。
塗装仕上げのパテはコツが必要な工程です。





塗装をするとこんな感じに仕上がります。継ぎ目の無い、壁の肌も均一な
大壁に変身です。

床のフローリングは経年劣化で痛んでいましたので、サンディングをかけて
浸透系のオイル系塗料を塗装させて頂きました。



天然成分の塗料なので、自然な木目を活かし防汚効果もバッチリです。

今回使用させて頂きました塗料は


壁  SK化研 エコフレッシュクリーン 
高機能な内装用水性塗料です。



床  オスモ フロアークリアーエクスプレス2~3分つや
幼児用玩具にも塗装できる安全性と国交省が認めたはっ水効果を持つ木部用塗料です。



では、「次の」現場で会いましょう
塗装の専門家 株式会社SOMAでした。





2018年6月1日金曜日

こんばんは 塗装の専門家 株式会社SOMAです。

現在着工中の豊橋市内の住宅塗装の現場です。

今回の外壁塗装の仕様は、日本ペイントのパ-フェクトトップです。
https://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/ctlg/prd_213b.pdf

弊社のお奨めの塗料で、
作業性も良いですし、仕上がり感がとてもいい塗料と感じます。

と、その前に・・・
塗装工事の工程の流れで、仮設足場の組立後に行う工程で高圧洗浄があります。
高圧洗浄とは、その名の通り高圧の水で外壁や屋根、アルミサッシや窓など洗います。

ずぶ濡れになる作業なので今の時期から夏にかけてはヒンヤリ快適な作業ですが、
冬は骨まで冷えます。

そこでいい加減な高圧洗浄をしてしまうと大変です。
塗料を塗ってしまえば外壁の汚れは消えて
ぱっと見綺麗に見えますが、
見えなくなってしまう作業ほど大事な事はありません。

適切な高圧洗浄で、脆弱な塗膜の除去、
チョ-キング(壁を触ると塗膜が粉体化して白くなる)
外壁にこびり付いた藻、コケの除去をしっかり行う必要があります。
この工程を丁寧に行わないと、
既存外壁➡下塗り➡上塗りの密着に影響してせっかく塗装工事をしても
完成後は綺麗ですが、長持ちはしません。

高圧洗浄は塗装をする前の大切な工程なのです。

弊社では高圧洗浄を行う際心がけている事があります。
塗る部分は当然ながら、塗らない所も徹底的に洗います!

例えば、ご自宅が綺麗になってもブロック塀や駐車場のコンクリ-トが黒ずんでいると
もったいないです。
せっかく綺麗にするんですから。

もうずぶ濡れですし洗いましょう!

ブロック塀 洗浄前

ブロック塀 洗浄後

建物を塗装して綺麗にするのは塗装の専門家として当然ですが、
塗装以外でも綺麗にできる物は綺麗にしたいですね。

お客様のご自宅を自分の家だと思って日々作業をさせて頂いております。

では、次の現場でまた会いましょう!
塗装の専門家 株式会社SOMAでした。