2018年10月12日金曜日

豊橋市 住宅塗替え 続編

豊橋市の建築塗装、住宅塗装の専門家 株式会社SOMAです。

先日足場を組んだ住宅の現場です。順調に作業を進めております。





ひさしの上のシーリングです。


経年劣化によって切れて欠損しています。
建物全体で見れば、このような状態の箇所、ここまではひどくは無いが
時期に切れるであろう箇所。

建物の方角によって痛みは様々です。
現在のダメージを修復するのはもちろんですが、
将来的な外壁のダメージを予防します。





外壁塗装の前に、経年劣化で痛んでいたシーリングを綺麗に撤去します。
撤去の方法は、専用工具やカッターナイフなどで地道に剥がしていく作業です。
その後に画像の通りマスキングテープを貼ってプライマーを塗ります。



シーリングを充填していきます。



均等に抑えて




建物全体のシーリングを打替えていきます。
せっかく外壁塗装をしてもシーリングが痛んだままでは雨漏りや、
外壁自体の劣化が進行してしまいます。
塗装の前は、この様な下地処理がとても重要です。



建築塗装、住宅塗替え、その他塗装のご相談は
豊橋市の建築塗装、住宅塗装の専門家 株式会社SOMAへ
お気軽にご連絡下さい。




0 件のコメント:

コメントを投稿